相続・遺言のことなら、東京の東京足立相続遺言相談センター(行政書士よこい法務事務所運営)にお任せください!

相続遺言専門!行政書士よこい法務事務所運営

東京足立相続遺言相談センター
【北千住駅至近!】

〒120-0021 東京都足立区千住2-62
          (北千住駅から徒歩2分

【予約制】無料相談実施中!
お気軽に連絡・ご予約ください!


 

※折り返しは下記番号または080より始まる業務用携帯よりご連絡いたします。

03-6903-4001

営業時間

平日・土曜祝日
午前10時~午後7時

定休日:毎週日曜(相談のご予約には可能な限り対応いたします。)
※日曜日でもお電話を受け付けております。ご連絡いただいた方には翌営業日以降、順次折り返しご連絡いたします。

お気軽にお問合せください

11、相続放棄した人が相続税を支払う場合!?その1

当センターでは相続放棄をご希望される方からのご相談も

お受けするのですが、

相続放棄をした後の税金のことが分からないと仰る方も多いので、

少しまとめておきますね。

 

まず相続放棄をした人は被相続人の借金だけでなくプラスの財産も

受け継がないことになるので、

通常は相続税は払わないで済むことになります

 

ですが、相続放棄で自分と関係なくなる財産と相続税のかかる財産は

その範囲が微妙に違っていまして

相続放棄をした人でも相続税を支払わなければならなくなる場合があるのです。

その代表的な場面が「生命保険金を受け取った場合」です。

 

その生命保険金の「受取人」が亡くなった人以外の人である場合は、

生命保険金は相続放棄の影響を受ける財産には含まれないので、

相続放棄をしたとしてもその人が生命保険金を受け取る権利は失いません

しかしその生命保険金は「みなし相続財産」という、税金の対象となる財産と

されているため、相続放棄した後に受け取った生命保険金から税金を支払うことに

なる場合があるのです

 

ここで注意が必要なのは、「保険料負担者と亡くなった方、受取人が誰か」によって、

かかる税金の性質が違ってくるということです

詳しくは国税庁のHPをご覧いただきたいのですが【国税庁はコチラ】、

このうち相続税がかかる場合というのが、

亡くなった方ご自身が生命保険料を負担していた場合です。

それ以外の場合は所得税や贈与税の課税対象になります

 

ではその相続税がどのように計算されるかと言うと・・・

思ったより長くなりそうなので次に続けますね。

<相続・遺言コラム集>に戻る

注目記事

2018年8月11日

新コラム「墓じまいの注意点と手順」をアップしました。

2018年4月18日

新コラム「信頼できる遺品整理業者の㈱アネラ様をご紹介します!」をアップしました。

2017年5月29日

<TOPIC!>
法定相続情報証明制度」の当センターでの取り扱い
について
→2019年5月、更新しました!

★TBSテレビ「Nスタ」に
遺言の専門家として
出演しました!

相続遺言コラム集

 メインコンテンツ【相続・遺言お役立ち情報】に書ききれなかったお話、時事的なお話をこちらで不定期にご紹介しています。

アクセス

相続・遺言のお悩みについて、真摯に対応いたします。

お気軽にご連絡下さい。

※折り返しは下記番号または080より始まる業務用携帯よりご連絡いたします。

03-6903-4001

info@adachi-souzoku.com

住所

〒120-0034
東京都足立区千住2-62 

北千住駅 徒歩2分

営業時間

平日・土曜祝日
午前10時~午後7時

定休日:毎週日曜(相談のご予約には可能な限り対応いたします。)

※日曜日でもお電話を受け付けております。ご連絡いただいた方には翌営業日以降、順次折り返しご連絡いたします。
 なおメールでのお問合せは365日24時間受け付けております。

お問い合わせ・ご相談はこちら

リンク集

ごあいさつ

東京足立相続遺言相談センターの代表の横井信彦と申します。

代表行政書士 横井信彦

行政書士よこい法務事務所所長
親切・丁寧な対応を心掛けております。お気軽にご相談下さい。

資格
  • 平成17年行政書士資格取得
  • 平成20年法務博士学位取得